ブログ

「冬の事故」の特徴を知って安全運転を心掛けよう!

皆さまこんにちは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

気温が低くなり、どんどん冬らしくなっていく今の時期は
「人対車両」での死亡事故が増える時期です。

今回は冬に起きる事故の特徴と未然に防ぐ対策
ご紹介します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●日没が早いことによる事故

年間を通して1日のうち一番交通事故が多い時間帯は、
日が沈む夕暮れ時(薄暮時)です。
特に秋から冬にかけては日没が早くなり、
夕暮れ時の事故が増える傾向にあります。

事故を未然に防ぐ対策の第一は、夕暮れ時の早めのライト点灯。
歩行者や対向車がいないときは上向きライト(ハイビーム)を
活用することも忘れないでくださいね!

 

%e5%87%8d%e7%b5%90

●路面の凍結、積雪による事故

気温がぐっと下がる冬の朝は、雪が降っていなくても
路面が凍結していることがあります。
路面凍結やブラックアイスバーンに気づかずに走行し
スリップ事故が起きることも。
さらに積雪の多い地域では、雪により視野が狭くなる、
道路脇に寄せられた雪で道幅が狭められる、
雪がクルマの音を吸収して歩行者がクルマの接近に
気づきにくくなるなど、事故が起きやすい環境が生まれます。

路面が凍結している道路では、クルマがブレーキをかけてから
止まるまでの距離が通常よりも約3倍以上、必要だと言われています。
走行中の急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキなど
「急」のつく操作は、スリップやスピンの原因になるものです。
通常時よりも前のクルマとの車間距離を長くとり、
スピードを出しすぎず、右左折時には早めの合図を出すといった、
いつも以上のゆとりを持った運転が必要です。

 

%e9%a3%b2%e9%85%92%e9%81%8b%e8%bb%a2

●年末年始に多く見られる飲酒運転による事故

年末年始はお酒を飲む機会が増える時期ですが、
「お酒を飲んだら、クルマには絶対に乗らない」という
強い意志を持って飲み会に参加してくださいね。
飲食店の中には「ハンドルキーパー運動」に協力しているところもありますので

ハンドルキーパーの人には、ソフトドリンクが無料になるなど
うれしい特典があるお店もあります。
こうしたハンドルキーパー運動に参加しているお店の利用も
ぜひ検討してみてください!

冬ならではの事故の特徴を知って、より一層の安全運転をお願いします!

**************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

cate_maz_h

 >>> CX-3 対応 商品一覧はこちら

new_cx_3top

 >>> CX-5 対応 商品一覧はこちら

new_cx_5top

 >>> デミオ 対応 商品一覧はこちら

new_demiotop

 >>> ロードスター 対応 商品一覧はこちら

new_roadstertop

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

↓ブログランキングに参加しております!↓
ポチッとクリックお願い致します!ヽ(@^ー^@)


カー用品・装備 ブログランキングへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。