ブログ

アテンザ改め マツダ6 改良新型 予約受注開始☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

マツダは7月4日、同社のフラッグシップモデルである
『アテンザ』改良し、車名も海外で採用している
『MAZDA6』(マツダ6)に変更して
同日から予約受注を始めたと発表しました!
発売は8月1日です。

車名の変更は、5月に売り出した新型アクセラ
『MAZDA3』(マツダ3)と改めたのに次ぐ措置で、
秋ごろには『デミオ』も改良を機に、
海外名である『MAZDA2』(マツダ2)
変更する方針です。

マツダ6の改良モデルは、従来どおり
セダンとワゴンの2タイプがあります。
エンジンは2.0リットルと
2.5リットルのガソリン(SKYACTIV-G)、
2.2リットルのクリーンディーゼル(SKYACTIV-D)という
これまでのラインナップに
2.5リットルのガソリンターボ(SKYACTIV-G2.5T)を加え、
ハイパフォーマンスを求める顧客層にもアプローチします。

ターボエンジンのトルクは、4.0リットルの
V8型自然吸気エンジン並みとしており、
力強い加速感をアピールしていきます。
エンジン音についても「高揚感」を得られるように
チューニングしたといいます。
ターボ車については、変速機(AT)のギア比を
加速重視に設定するとともに、
フロントブレーキのデイスクを
17インチ(既存の2.5リットル車は16インチ)に
大口径化し、制動性能を高めています。

マツダは5月に発表した中期経営方針で、
「お客様の多様化に対応する視点で、
上級エンジンモデルの設定など
『価格カバレッジの拡大』に取り組む」
(丸本明社長)という方針を示しました。
国内向けマツダ6へのターボ設定は、
その具体化策ともなります。
価格(消費税込み)は284万円台から423万円台で、
従来モデルとほぼ同等としていますが、
新設定のターボ車(423万9000円)が
最高値モデルになりました。

**************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

 >>> ロードスター 対応 商品一覧はこちら

 >>> CX-8 対応 商品一覧はこちら

 >>> CX-3 対応 商品一覧はこちら

 >>> CX-5 対応 商品一覧はこちら

 >>> デミオ 対応 商品一覧はこちら

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら