ブログ

マツダ CX-30、米国仕様は2.5リットル仕様☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

マツダの米国部門の北米マツダは、
ロサンゼルスモーターショー2019において、
『CX-30』(Mazda CX-30)
米国仕様車初公開しました!

CX-30は、マツダのデザインテーマの
「魂動デザイン」を具現化した
エレガントなスタイルと、
SUVらしい力強さとを融合させた
新しいコンパクトクロスオーバー車です。

マツダは2018年秋、米国で開催された
ロサンゼルスモーターショー2018において、
新型『マツダ3』を初公開しました。
CX-30は新型マツダ3に続いて、
顧客が車に求めるすべての領域の質を、
飛躍的に高めたマツダ新世代商品の第二弾となります。

CX-30のパワートレインは、日本仕様の場合、
新世代ガソリンエンジンの「SKYACTIV-X」、
2.0リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G 2.0」、
1.8リットル直列4気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 1.8」の
3種類を設定。
SKYACTIV-Xには、小型で効率的な
ハイブリッドシステムの「M HYBRID」を組み合わせ、
より高いレベルで動力性能と環境性能を追求しています。

一方、米国仕様のCX-30のパワートレインは、
2.5リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G 2.5」の1種類のみ。
最大出力は186hp、最大トルクは25.7kgmを引き出します。
トランスミッションは、6速ATの
「SKYACTIV-DRIVE」を組み合わせます。
北米マツダによると、186hpのパワーは
クラスをリードする数値だそうです。

国向けのCX-30には、マツダの新世代車両運動制御技術の
「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」
(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)の第二弾となる
「G-ベクタリング コントロール プラス」
 (G-Vectoring Control Plus)を、
全グレードに標準装備しました。

CX-30の外装デザインでは、マツダの魂動デザインを進化させ、
新たなデザイン言語、「Charge and Release」を導入。
クーペの流れるような美しさと、SUVの大胆さという
2つの相反する要素の実現を目指しました。
CX-30には、LEDウインカーを採用。
フルパワーで点灯した後、徐々に照度を落とすという
新しい発光パターンを持ちます。
マツダによると、脈動する生き物のような
力強さを表現したそうです。

CX-30のインテリアは、大人4人がゆったりと座れる空間と、
くつろげる使い勝手の良いパッケージングを追求しました。
さらに乗用車よりも高い車高による視認性や乗降性の良さに加え、
道幅や駐車場を選ばない小回りが利く
ボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求しています。

****************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら