ブログ

マツダ CX-9 2020年型が今秋米国発売へ☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

マツダの米国部門の北米マツダは、
『CX-9』(Mazda CX-9)2020年モデルを今秋、
米国市場で発売すると発表しました。
現地ベース価格は、
3万3790ドル(約367万円)と発表されています。

初代CX-9は2006年4月に発表された『CX-7』(生産終了)よりも
ひと回り大きいSUVで、3列シートを装備します。
現行の2代目CX-9は2015年秋に発表されました。
マツダの魂動デザインを採用し、力強いルックスを追求しました。
ボディサイズは全長5065mmと、初代比で30mm短縮。
その一方、ホイールベースは55mm延ばし、
室内のとくに後席のゆとりを拡大しました。

なお、このCX-9の車台をベースに、
日本市場などに向けて開発したのが、
2017年秋に発表された『CX-8』です。
日本の駐車環境を考慮して、
CX-8の全長は4900mm、全幅は1840mmと、
CX-9よりもコンパクト化されています。

CX-9の2020年モデルのパワートレインには、
「SKYACYIV-G 2.5T」を継続採用。
2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、
最大出力250hp、最大トルク44.2kgmを獲得。
最大出力は従来通りだが、
最大トルクは従来の42.8kgm から、
1.4kgm引き上げられました。
トランスミッションは6速ATを組み合わせます。

2020年モデルには、全グレードに
最新の「i-ACTIVSENSE」を標準装備。
i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラなどの
検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。
事故が避けづらい状況において、
衝突回避と被害軽減を図る
プリクラッシュセーフティ技術に加えて、
認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートする
アクティブセーフティ技術で構成されています。

さらに、2020年モデルには、
マツダの新世代車両運動制御技術の
「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス」
(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)の第二弾となる
「G-ベクタリング コントロール プラス」
 (G-Vectoring Control Plus)を、
全グレードに標準装備しました。

****************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら