ブログ

マツダ6 2020年モデル ロサンゼルスモーターショー2019で発表☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

マツダの米国部門の北米マツダは、
11月20日に米国で開幕する
ロサンゼルスモーターショー2019において、
『マツダ6』(Mazda 6)2020年モデル
初公開すると発表しました。

2020年モデルのパワートレインには、
直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン
「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車を設定。
最大出力は250hp、最大トルクは42.8kgmを発生。
42.8kgm の太いトルクは、
2000rpmの低回転域から引き出されます。

この直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンには、
マツダの「ダイナミック・プレッシャー・ターボ」を採用。
新設計のポートを使用して
ターボチャージャー内に空気を取り入れることで、
ほぼ即座にブーストが得られます。
その一方で、低負荷走行時には、
4気筒の内の2気筒を休止して、燃費を稼ぎます。
トランスミッションは、スポーツモード付きの
6速ATを組み合わせました。

マツダ6の2020年モデルは、「ツーリング」グレード以上が、
Appleの「CarPlay」とグーグルの「AndroidAuto」に対応。
最新の「マツダコネクト」も採用されました。
8インチのフルカラーセンターディスプレイは、
タッチ操作が行えます。

USBポートが2個装備されており、
スマートフォンなどの充電が可能。
ヘッドアップディスプレイの
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」も、
「グランドツーリングリザーブ」以上の
グレードに採用されました。
車両に関する情報を直接、フロントガラスに表示します。

さらに、2020年モデルには、全グレードに
最新の「i-ACTIVSENSE」を標準装備。
i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーや
カメラなどの検知デバイスを用いた
マツダの先進安全技術の総称です。
事故が避けづらい状況において、
衝突回避と被害軽減を図る
プリクラッシュセーフティ技術に加えて、
認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートする
アクティブセーフティ技術で構成されています。

2020年モデルに搭載されるi-ACTIVSENSEには、
歩行者検知機能付きのスマートシティブレーキサポート、
レーンキープアシスト機能付きのレーン逸脱警告、
スマートブレーキサポート、
ストップ&ゴー機能付きマツダレーダークルーズコントロールがあります。
リアクロストラフィックアラート機能付きの
ブラインドモニター、リアビューカメラも装備されます。

****************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら