ブログ

レクサス初の市販EV『UX300e』発表☆~レクサス車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
フロアマット専門店 アルティジャーノです。

レクサスは11月22日、中国で開幕した
広州モーターショー2019において、
ブランド初の市販EV『UX 300e』
(Lexus UX 300e)初公開しました。
日本での発売は、2021年前半を予定しています。

同車は、レクサス最小のSUV、
『UX』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルです。
「GA-C」プラットフォームのフロントに、
最大出力204ps、最大トルク30.6kgmを発生する
モーターを搭載しています。

EVでも、UXのガソリン車やハイブリッド車と同じく、
ドライバーの意図に忠実な滑らかな
加速フィーリングを追求しました。
ドライブモードセレクトによって、
ペダル操作に対して、瞬時にトルクが立ち上がる
EVならではの力強い加速フィーリングを
味わうことも可能といいます。

また、パドルシフトによって、
減速度を4段階から選択できます。
ガソリン車のエンジンブレーキと
同じように減速操作ができ、
EVの特性を最大限生かしながら
自然な操作性を実現することを目指しました。

走行中のサウンドにもこだわりが。
アクティブサウンドコントロール(ASC)を
採用することで、車両の走行状況を感じられる
快適なドライビング環境を追求しました。
ドライバーや同乗者に心地良いサウンドをもたらします。

容量のリチウムイオンバッテリーは、床下に搭載。
蓄電容量は54.3kWhとしました。
ハイブリッド車で培ったモーター、インバーター、
ギア、バッテリーといった主要装備の効率を最大化し、
システム全体としての性能向上を図りました。
1回の充電での航続は、最大で
400km(NEDC:新欧州サイクル)を確保しています。

バッテリーの充電は、普通充電(AC)の場合、
最大6.6kWの出力で充電できます。
急速充電(DC)の場合、最大充電出力は50kWとしました。

最新のコネクティッド技術を採用。
専用アプリによるスマートフォンとの連携で、
バッテリー残量や航続、
充電の必要があるかどうかを確認できます。

エクステリアは、優れた空力性能を追求するために、
専用ホイールや床下空力カバーを新開発。
インテリアは、シフトバイワイヤを採用した
センターコンソールなど、EVらしい操作系としました。

予防安全パッケージの「Lexus Safety System +」を採用。
交通事故や事故死傷者の更なる低減と、
ドライバーの負担軽減を目指したほか、
運転支援時にドライバーにとって自然で、
安心感のある車両挙動を目指しています。

なお、UX300eは2020年以降、
中国や欧州などを皮切りに順次発売。

************************

アルティジャーノでは
レクサス車に対応する
フロアマットをご用意しております♪

ご検討いただければ幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら
 
本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら