ブログ

車のボディカラーと温度上昇の因果関係とは? !

皆さまこんにちは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

今日も車の雑学をご紹介します♪

好みで選びがちな車のボディカラーですが
色によって表面の温度上昇に違いがあることをご存知ですか?

黒系などの濃い色は一般的に熱の反射率が低く、
熱を吸収しやすい性質があり、
逆に白系は反射率が高く、熱を吸収しにくい性質があります。

特に真夏の炎天下では、
黒色の車両と白色の車両でボディの表面温度が20度以上、
差が出ることも!
さすがに最近は断熱材や断熱ガラスの採用などもあり、
車内の温度はここまでの差にはならないとはいえ、
1~2度くらいは影響を受けてしまいます。
これからの季節、車内の温度を適温にするために
エアコンを多用することになれば、
燃費に影響してしまうことも考えられます。

新型プリウス

実は、昨年末に登場した新型プリウスに設定された
サーモテクトライムグリーン」というボディカラーは
遮熱機能付きです!
これは赤外線を反射する粒子を用いた世界初の技術で
カラーベース中の大粒径酸化チタンが赤外線を反射。
通常の塗装に比べ5度程度の温度上昇を抑える効果があるというもの。
今回はライムグリーンのボディカラーにこの技術が投入されましたが
他の一部の色にも応用することが可能とのことですので
今後、どんな色にこの技術が使われるのか楽しみです♪

**************************

アルティジャーノでは、新型プリウスに対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

 >>> 新型 プリウス 50系 商品一覧はこちら

new_50prius_top

 >>> プリウスα 対応 商品一覧はこちら

new_pria_top

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

↓ブログランキングに参加しております!↓
ポチッとクリックお願い致します!ヽ(@^ー^@)


カー用品・装備 ブログランキングへ