ブログ

高速道路ドライブでの注意点☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんにちは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

夏休みはいかがお過ごしですか?
本日16日まで夏休みという方も多いと思います(^^)

夏休みはお墓参りや花火大会に出掛けたり
ちょっと高速道路に乗って旅行をしたりと
思い思いの夏休みを過ごされた事ではないでしょうか♪

さて、今回のブログでは、
久しぶりに高速道路を走るという
ドライバーも少なくないであろう長期連休の際に
ドライバーが覚えておきたい、
高速道路ドライブでの注意点をご紹介します!

●高速道路でのガス欠は罰金もとられる違反行為●

高速道路での救援要請理由のトップ3に入っていて、
まだまだ多くのドライバーがガス欠で
クルマを止めてしまっている事をご存知でしょうか?

高速道路を走る前には燃料などを確認しておくことは
道路交通法で定められたドライバーの役目です。
ガス欠というのはうっかりミスと思いますが、
法的には行政処分(いわゆるキップを切られるというもの)と
反則金が科されることもあります。

燃料系がエンプティに近付いてくると警告灯が点いて、
それから走行できる距離は数10kmレベルです。
エリアによっては給油所のあるサービスエリアの距離が
150km以上も離れているケースもあり
気付いた時には手遅れとなりがちです。

万が一、ガス欠になってしまった場合は、
時間もお金も無駄になりますので
そうならない為にも早めに給油するよう
気を付けておきたいですね!

●降りるべきインターチェンジを間違えてしまった場合は?●

高速道路の基本は一方通行。
降りたいと思っていたインターチェンジを
通り過ぎてしまったからといって、
あわてて逆走などしてしまうと大事故につながります。

そうした場合は、ひとつ先のインターチェンジで降りて
Uターンすることになりますが、
ETCゲートではなく有人ゲートを利用して
「降りるべきインターチェンジを間違えて通り過ぎた」旨を伝えると
目的のインターチェンジに向かえるよう、
特別に転回させてもらえることがあります。

この制度を利用すれば、当初流入のインターチェンジから
目的のインターチェンジまでの通行料金となり、
多めに払わずに済みます。
また、間違えて高速道路に入ってしまいそうになった時も
有人ゲートで相談すれば安全を確保した上で
Uターンできるよう指示してもらえます!

高速道路というのは一方通行が基本ですので
自己判断でUターンするのは絶対に危険です!

何か問題が起きても冷静に対処できるように
落ち着いて安全に運転ができるように心掛けたいですね!

**************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

 >>> ロードスター 対応 商品一覧はこちら

 >>> CX-3 対応 商品一覧はこちら

 >>> CX-5 対応 商品一覧はこちら

 >>> デミオ 対応 商品一覧はこちら

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ http://shop.m-artigiano.com/
 
楽天 ⇒ http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/
 
ヤフー ⇒ http://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html
 
ヤフオク ⇒ http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら