ブログ

アウディ 2025年までに日本に14車種の電動化車両を導入へ☆~アウディ 各車種に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は
7月14日に都内で開いた新型車発表会で
「電動化戦略をさらに推進していく」とした上で、
「2025年までに日本に14車種の電動化車両を導入する」との
計画を明らかにしました。

アウディジャパンはブランド初となる電気自動車(EV)
『e-tronスポーツバック』を2020年9月に発売したのを手始めに、
EVおよびプラグインハイブリッドのラインアップ拡充を進めています。
2021年は1月にe-tronスポーツバックのバッテリー容量を
95kWhから71kWhに抑えた新グレード『e-tron50』を追加したほか、
さらにはスポーツカータイプの新型EV『e-tron GT』を
今秋から販売を開始します。

ノアック社長はe-tron GTについて
「計画を大幅に上回る受注ペースで推移している。
すでに初年度分は完売しており、その勢いは
秋の納車開始までさらに弾みがつくと予想される」と
期待を寄せました。

その上でノアック社長は
「(ミッドサイズSUVの新型EV)『Q4 e-tron』、
『Q4 e-tronスポーツバック』を2022年に発売する。
プラグインハイブリッドも含めて、2025年までに
日本に14車種の電動化車両を導入する予定」と述べました。

また「アウディは電動化に力強くコミットしている。
2026年以降に発表する新型車はすべてEVになる。
またエンジン搭載車は原則として2033年をもって
生産を終了するという大胆な電動化シフトを推進していく」とも
付け加えました。

このようにアウディは車両の電動化シフトを加速している一方で、
内燃機関モデルも拡充。
アウディジャパンはこの日、ミッドサイズSUV『Q5』に
新たにクーペスタイルの「Q5スポーツバック」を追加設定し、
8月17日に販売を開始すると発表しました。

さらにノアック社長は「8月の終わりにはフェイスリフトした
『Q2』のデリバリーが開始される。
おそらく秋ごろにはQ2の(直噴ターボディーゼルモデルの)TDI、
そして(ハイパフォーマンスモデルの)SQ2も導入となる。
さらに新型『RS3』も今年の冬前には発売予定」であることも
披露しました。

*****************************

アルティジャーノでは、アウディの各車種に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております!

ぜひご検討の程よろしくお願いします♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ https://shop.m-artigiano.com/

楽天 ⇒ https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/

ヤフー ⇒ https://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html

ヤフオク ⇒ https://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら