ブログ

アウディ Q2 改良新型 予約受注を欧州で開始☆~アウディ 各車種に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

アウディは10月21日、改良新型『Q2』(Audi Q2)
予約受注を今秋、欧州で開始すると発表しました。
ドイツ本国でのベース価格は、
およそ2万5000ユーロ(約310万円)です。

Q2は2016年春、アウディの最小SUVとしてデビュー。
それから4年以上が経過して、初の本格改良を受けました。

エクステリアでは、フロントとショルダーラインの
多角形モチーフを、リアエンドにも適用。
リアバンパーには、大きな五角形が組み込まれた
ディフューザーインサートが一体化されています。

フロントのデザインも変更され、ヘッドライト下の
表面処理がより印象的なものに変えられました。
八角形のシングルフレームの位置はわずかに下げられ、
フロント部分の幅の広さが強調されています。
インサートにも、多角形のモチーフが採用されました。

「Sライン」と「advanced」には、ラジエーターグリルと
ボンネットの間に、アウディのアイコンモデルの
『スポーツクワトロ』を連想させる
細長いスリットが設けられました。
大型のエアインレットは、Sラインでは専用デザインとなります。

LEDヘッドライトが標準装備され、オプションで
「マトリクスLEDヘッドライト」が選択できます。
ヘッドライトモジュールに取り付けられた7個のLEDは、
インテリジェントに制御されたハイビームを生成します。
この光は、他の道路上の人々を幻惑することなく、路面を明るく照らし出す。ひし形の光学パーツの背後に設置された10個の発光ダイオードがデイタイムランニングライトとして、さらに7個のLEDが「ダイナミックインジケーター」(流れるウインカー)として、機能する。

テールライトは、ダイナミックインジケーターの
有無にかかわらず、2種類のLEDバージョンから選択できます。
マトリクスLEDヘッドライトを選択した場合は、
テールライトにはダイナミックインジケーターが
標準装備されます。

ボディカラーには、5つの新色が設定されました。
新しいカラーは、アウディ初採用のアップルグリーンに加えて、
マンハッタングレー、ナバラブルー、アローグレー、ターボブルーです。
Cピラーに設置されたブレードは、装備ラインに応じて、
ボディ同色、ブラック、グレー、シルバーに塗装されます。
ボディ下部のアタッチメントは、3種類から選択可能。
カラーは、ベーシックバージョンではピテッドブラック、
advancedではマンハッタングレー、Sラインではボディ同色になります。

*****************************

アルティジャーノでは、アウディの各車種に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております!

ぜひご検討の程よろしくお願いします♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ https://shop.m-artigiano.com/

楽天 ⇒ https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/

ヤフー ⇒ https://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html

ヤフオク ⇒ https://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら