ブログ

ジープ ラングラーに40年ぶりのV8、470馬力『ルビコン392』♪~Jeep 各車種に対応するラゲッジマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

ステランティス傘下のジープブランドは2月24日、
『ラングラー・ルビコン392』(Jeep Wrangler Rubicon 392)
発売記念車の米国ベース価格を、
7万3500ドル(約780万円)と発表しました。
3月末までに米国市場で発売される予定です。

ラングラー・ルビコン392は、ジープブランドにとって、
およそ40年ぶりのV型8気筒エンジン搭載車。
ラングラーの歴史をたどると、市販モデルで
V8エンジンを搭載していたのは、
1981年のジープ『CJ』が最後でした。
当時の5.0リットルV8エンジンは最大出力125hp、
最大トルク30.4kgmを発生していました。

ジープのファンからは近年、V8エンジン搭載の
『ラングラー』を求める声が多く寄せられていたといいます。
そこでジープは、ラングラー・ルビコン392を発表。
車名の「392」とは、V8エンジンの排気量の6.4リットルが、
392立方インチであることに由来します。

ラングラー・ルビコン392は、大胆なデザイン、
ワイドなトレッド、台形のホイールフレアで、
ラングラーのオリジナルのデザインテーマを維持しています。
車高は工場出荷時に約50mm引き上げられ、
個性と存在感が強調されました。

史上最強のラングラーをアピールする
ブロンズのアクセントを採用。
ブロンズのアクセントは、ボンネットの文字、
フロントとリアの牽引フック、
FOX製ショックアブソーバーなどに配されています。
ブロンズ仕上げのホイールのサイズは17× 7.5インチとしました。

ピックアップトラックの『グラディエーター』から採用された
40mm隆起したボンネットフードは、アグレッシブな雰囲気を放つ。
「392」のバッジが付いており、歴代ラングラーで
最も排気量が大きいことを示しています。

革張りのインテリアには、ブロンズステッチが施されています。
レザーシートは、「Rubicon 392」のロゴ入り。
このレザーシートは、アッパーボルスターで
ドライバーの快適性とホールド性を高めています。

***************************

アルティジャーノでは
Jeep 各車種に対応する
トランクマットをご用意しています♪

今後ともどうぞよろしくお願いします♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ https://shop.m-artigiano.com/

楽天 ⇒ https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/

ヤフー ⇒ https://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html

ヤフオク ⇒ https://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら