ブログ

マツダ 新クロスオーバーSUV『CX-50』を米国発表☆~マツダ車に対応するフロアマット 好評発売中♪~

皆さまこんばんは。
車のフロアマット専門店アルティジャーノです。

マツダ米国部門は11月15日、
新型クロスオーバーSUV
『CX-50』(Mazda CX-50)ワールドプレミアしました。

マツダは2022年から、新型クロスオーバーSUVを
グローバルで5車種投入する計画をしてます。
5モデルの中で、米国向けとなるのが、
CX-50『CX-70』『CX-90』の3車種となります。

このうち、CX-50は、SUVらしい存在感や
オフロード性能が求められる米国市場に向けて、
新たなラインアップの中核として
導入されるクロスオーバーSUVです。
『CX-30』などと同じく、マツダの
スモールラインナップに属するといいます。

CX-50は、米国アラバマ州ハンツビルの
トヨタとの新合弁工場、
「マツダ・トヨタ・マニュファクチャリング(MTM)」
生産されます。
すでにこの合弁工場では、
トヨタが『カローラクロス』の生産を開始。
CX-50は、同じ工場で2022年1月から生産される予定です。

CX-50は、優れたドライビングダイナミクスやデザインなど、
マツダ車に求められる特長を維持しながら、
北米のユーザーが好むアウトドアライフを
支援することを目指して開発されました。

ドライバーがオンロードとオフロードで
自信を持って走行できるように、
マツダらしい自然な走行フィールを強化。
最新の「i-ACTIV AWD」テクノロジーと
改良新型『CX-5』にも採用された
「マツダ・インテリジェント・ドライブセレクト(Mi-Drive)」
標準装備されます。

CX-50には、マツダの最新魂動デザインを導入し、
新たなスタイリング表現を生み出すことを目指しました。
滑らかな長いシルエットとワイドなスタンスを備えており、
ダイナミックなプロポーションとしました。
インテリアは、ドライバーに焦点を合わせたレイアウトを採用。
シートの素材やデザインは、冒険やアクティブな
ライフスタイルを好む顧客に向けて、
居心地の良い雰囲気を演出することを重視したといいます。

インテリアは、すべての乗員に
快適さをもたらすようにデザインされました。
カーゴスペースは、アウトドアでの
アクティビティを支援するように設計されています。
荷室の高さと長さは、アウトドアアイテムを積載して
固定するのに理想的、と自負しています。
さらに、高強度のルーフレールと強化された
Bピラー&ドアピラーを採用し、
ルーフボックスなどを装着しやすくしています。

****************************

アルティジャーノでは、マツダ車に対応する
フロアマットやトランクマットをご用意しております♪

ぜひ、ご検討いただけましたら幸いです♪

弊社商品のご注文はこちら

本店 ⇒ https://shop.m-artigiano.com/

楽天 ⇒ https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-artigiano/

ヤフー ⇒ https://shopping.geocities.jp/m-artigiano/index.html

ヤフオク ⇒ https://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/rtmat7055?alocale=0jp&mode=2&u=rtmat7055

 

オンラインショップは
こちら